施設紹介
Facility introduction

SINCE 1938

刃物屋三秀/刃物ショップ

Cutlery shop

 

“包丁のコンシェルジュ” 刃物屋三秀

自社のオリジナル包丁「関吉秀作」をはじめとし、関市内のメーカーから選びすぐった製品を包丁コンシェルジュがご案内します。
ぜひご来店ください。遠方の方には、刃物屋三秀オンラインストアーもございますので、こちらもご利用ください。

 

関の刀鍛冶「藤原兼房」刀匠の焼き入れ包丁が購入できるは、刃物屋三秀だけです!

 

SINCE 2018

関刃物ミュージアム

SEKI HAMONO MUSEUM

 

“刀匠 藤原兼房作の刀剣”を展示販売

関の刀匠「藤原兼房 25代・26代」の刀剣を数多く展示販売。実際に刀匠から話を聞きながら購入できるのは、ここ関刃物ミュージアムだけです。

 

入館無料 / FREE Admission

 

 

『体験型複合施設』をコンセプトに、刃物屋三秀内にオープンした「関刃物ミュージアム」では、関市で作られる包丁や日本刀の製造工程を実物を使っての展示。透明アクリルで囲われた日本刀鍛錬場を備え、刀匠・藤原兼房による日本刀鍛錬が間近で見学(有料)できます。

"Seki knife museum" is based on learning and experiences.
In the museum, the kitchen knife and Japanese sword making process are displayed. also You can see Japanese sword forging by sword smith Fujiwara Kanefusa.

*Japanese sword forging Tour is a charge

 

 

刀匠藤原兼房監修のもと作られた鍛錬場。1メートルほどの距離で見る鍛錬は大迫力です!

A forging place supervised by a swordsmith Fujiwara Kanefusa. Forging at a distance of about 1 meter is very powerful!

 

 

運が良ければ刀匠から直接、日本刀の作り方についてお話が聞けるかも!?

If you are lucky, you may be able to hear stories about how to make Japanese swords directly from the swordsmith.

 

 

実物を使っての展示。中にはとても貴重な物もあります。英語での説明文もありますので、外国のお客様にも楽しんでいただけます。

The manufacturing process is exhibited using real product. Some things are very precious. There are also explanations in English so you can enjoy it for foreign customers.