商品案内

HOME > 商品案内

アクセスマップ
お問い合わせ・資料請求
Twitter 今すぐFollow Me!
実演、居合斬り 見学受付中 0575-28-5147

商品案内

選び抜かれた匠の技の結晶

出刃包丁「関吉秀作」

出刃包丁は、魚を三枚におろしたり、鶏をさばく時に必要となるのが出刃包丁です。
骨に沿って身を切り分けることが出来ます。
片刃のしのぎの部分が骨の上を滑るように動き、骨と身をきれいに
切り分けるといった、食材の下ごしらえに使用する包丁です。

大きい画像で見る

刺身包丁「関吉秀作」

柳刃包丁は、刺身を切り分けるために使用します。
人差し指をみねにあて長い刃を使い手前の刃元(あご)から包丁を入れ、
刃の先端を左手前に引くよう薄く身を取っていくと、魚の身の部分を
食べやすい大きさと形に切ることができます。
また、身と皮を分けるのも片刃のこの柳刃が活躍します。
蛸引き包丁も用途は一緒ですが、刃の形状が真っ直ぐです。

大きい画像で見る

薄刃包丁「関吉秀作」(関東形、鎌形薄刃包丁、関西型)

薄刃包丁は、関東形の江戸形薄刃包丁と関西形の鎌形薄刃包丁の
2種類があります。どちらも用途は同じで、主に野菜を切り分けたり
薄く切ったりするのに使います。
刺身に添える大根のつま、などのかつらむきには
この薄刃包丁を使います。
しのぎの部分で包丁が食材に食い込むのを防ぎ、
大根でも布のように薄く切り取ることを可能にします。
大きい野菜を切り分けるにも力が一定に入る幅の
均一なこの包丁が活躍します。

大きい画像で見る

三徳包丁「関吉秀作」

肉・野菜・魚の3つの食材を切ることが出来ることからこの名前が付きました。
但し、骨・冷凍食材など硬い食材を切ると刃の部分が欠けるので注意が必要です。
はがねを中心に、軟らかい材質のステンレスで両サイドから挟み込む
サンドイッチ構造(はがね割り込み)日本の一般家庭で
一番多く使用されている万能包丁です。

大きい画像で見る

牛刀

ヨーロッパで使用されていた肉切り専用の包丁であった為、

牛刀と呼ばれていました。
昨今、肉専用ではなく万能包丁として洋食レストランで働く職人だけでなく、
サイズの短いものなら一般家庭でも使用されています。
全体を一枚のはがねの厚板から型打で作るヨーロッパ製法で作ります。

大きい画像で見る

はさみ

盆栽用植木はさみは、材質・形・サイズを各種揃え販売しています。
事務用のはさみでは、テープののりなどがくっつきにくいはさみ。
キッチンはさみは、分解して洗える衛生的にもきれいで良く切れるキッチンはさみ。
木目込み人形等の製作用の布を切る、裁ちはさみ・握りはさみ・ゴム切りはさみ。
環境問題に対応した、リサイクルはさみなど、
その他用途にあった数多くのはさみを販売しています。

大きい画像で見る

つめきり

足の巻爪の方に人気の爪切りや、刃が直刃になった爪切り、切った爪が外に飛ばないように
カバーを付けた爪切り、ルーペ付き拡大鏡が付いて切るときに見やすい爪切り
自分自身の爪に合った爪切りがきっと見つかります。
その他、美粧用の爪ヤスリ、毛抜きなども販売しています。

大きい画像で見る