刃物屋三秀のこと
History

English


 

刃物屋三秀は1938年に私の祖父・吉田秀麿が軍刀・刀剣類の販売・修理を行う『吉田士魂刀製作所』を開業したことから始まります。屋号は、祖父の名前から「秀」を、関を代表する刀鍛冶刀匠兼元・孫六の波紋・三本杉から「三」をそれぞれ拝借しました。

1981年、二代目である父・吉田昌生が贈答品や引き出物の卸業社『三秀商会』をスタート。当時は主に会社や銀行、学校などが記念品として配る刃物や爪切りに名前を入れて卸販売するというものでした。また、ボーリング大会などで使われるトロフィーや盾なども取り扱っておりました。

 


刃物作りが盛んなのに小売店が無かった関市に、現在の刃物屋三秀の前身である『三秀・関の刃物直売センター』がオープンしたのが1985年。まだ高速道路が開発されていなかった当時、国道156号線沿いは、飛騨方面への旅行者が立ち寄るには絶好の立地でした。しかし、時代の変化はモノの買い方・売り方も変えていきます。

東京の広告代理店に勤めていた私が家業を継ぐために帰郷したのが2000年のこと。今までのやり方では駄目だと、代理店時代に培った営業ノウハウで全国を奔走。中部国際空港が開港した2005年、多くの国内外のお客様が中部圏へやってくるのを見て「これからは海外にも目を向けるべきだ!」と、2010年に単身、中国へ『関の刃物』のPRに。2011年にはアメリカN.Yへ。その後もアジア圏を中心に勢力的に関の刃物をPRし続けました。

「もの」を売るだけでなく、その背景にある「こと」や「ひと」を伝えたい

 

その甲斐あって、国内のお客様だけでなく、海外のお客様も刃物屋三秀に足を運んでくれるようになりましたが、「ただ刃物を売るだけでいいのだろうか」という感情が湧いてきました。日本刀の製作は分業作業です。一本の日本刀を作るのに何人もの職人が携わり、職人達によって関の刃物ブランドは成り立っています。包丁一本に多くの技と魂が込められ、刃物屋三秀は刃物を売りながら、そんな関の技と魂を売っているのです。

「もの」を売るだけでなく、その背景にある「こと」や「ひと」を伝える為に何かできることがないだろうか…。その想いをカタチにしたのが、2018年1月にオープンした体験型複合施設『関刃物ミュージアム』です。関の刃物造りを通じて、日本の魅力・岐阜県の魅力・関市の魅力を多くの人に知ってもらいたいと考え、取り組んできました。観て感じて楽しんでいただくことを大切に、岐阜県関市を代表する観光ランドマークを目指します。


 

刃物屋三秀
創業:1938 年
主な事業内容:刃物の卸及び販売・関刃物ミュージアム運営
代表者:吉田和弘(3代目)

 

The finest knives forged by the master craftsmen of SEKI, Japan’s most historic blacksmithing ctiy.

Handcrafted by the master blacksmiths of Seki, Japan, Sanshu knives are the product of 800 years of forging traditions. Seki is the country’s most historic blacksmithing city, the place where Japan’s legendary samurai swords were conceived. Today, the same techniques used to create those hallowed blades are now used to create the finest kitchen knives in Japan. And today, too, the essential characteristics that defined samurai swords―sharpness, precision and durability―remain the hallmarks of Seki’s Sanshu kitchen knives.
Run by the third-generation owner, Sanshu creates their fine knives the age-old Seki way, by commissioning a core group of local blacksmiths to forge them. These talented artisans undergo arduous apprenticeships to master their craft; while some 300 of them worked in Seki during the heyday of sword forging in the 1500s, only eighteen remain today. The blacksmiths provide
Sanshu with finished blades; the company’s own craftsmen then fit custom handles and hand-hone a final edge. Only then are Sanshu knives ready for duty in the kitchen.

 

Sanshu knives are produced from the highest quality Japanese and imported steels. They’re durable, incredibly sharp and retain their edge longer than other kitchen knives. They’re a joy to cut with and will last for years and years. Prized by top professional chefs across Japan, Sanshu knives are now being introduced to the United States for the first time.